ホーム 園の保育方針について 事業紹介 その他事業 職員紹介 食育への取り組み 待機児童数

施設長  小林 聖司

はじめまして。大塚わくわく園の母体でもある、特定非営利団体活動法人 地域ひといきの理事長もやっております。 昨今、虐待のニュースをよく見かけ、とても心が痛みます。虐待、貧困、孤独育児、不登校など様々な事が起こるこの日本で、自分には何が出来るのか、法人として出来る事はもっとないのかと、いつも考えております。

「子育て」をしている保護者さま。やはり子どもが小さいうちは、子育て・仕事・家事とどれも手を抜いてはいけないと思い日々頑張っていると思います。けれど、決して「どうして自分だけ」とは思わず、気軽にお声掛けくださいね。お話を聞いたり、法人での事業でフォローできることがあるかもしれません。ぜひ一緒に「子育て」をさせてください!!

保育主任  木村 春奈

大人も子どもも主体性を大切にしており、自分たちで考え実行に移せるのでやりがいを感じています。

アットホームな雰囲気の中、日々子どもたちと一緒に考え成長できます。

子どもの気持ちに寄り添い、秘めた思いにも気付ける保育士でありたいと思っています。

保育副主任

山本 章平

大塚わくわく園で働く前は、公立幼稚園で働いておりました。現在わくわく園で3年目を迎えました。

僕の身長は179㎝ですが、子どもと同じ目線に立ち、本気で向き合って遊ぶことを大切に保育しています。

子どもの”やってみたい”や”イメージ”を実現していける保育園ですので、是非一度遊びに来てください。


栄養科リーダー

鬼丸 和子

食育を通じて子どもたちに伝えたいこと

給食では「命をいただく」をテーマに

命の大切さ・食べ物に感謝して食べる事は、命を大切にすると同時に

それに関わている人や物を大切にする気持ちに繋がると考えています。



看護部

鈴木 晴栄・井上 智哉子

当園は看護師が2名在籍しております。子どもたちの成長を保育士と共に見守り、看護師の専門的知識をもって子どもの発育・発達を支援いたします。また、体調不良保育・病児保育の特別保育も行っております。日常の保育にも積極的に参加し、子どもたちと信頼関係を築くよう努めております。体調が悪かったり、熱があってしんどかったりするときでも、子どもたちが安心して一緒に過ごせる看護師でありたいと思っております。